明日も登るためにストレッチの話。(理論編)

 私の唯一の趣味のボルダリングはホールドを握り続けるスポーツです。

指、手首を曲げる筋肉を過剰に使うためボルダリング後のストレッチは必須と言えます。

怪我の予防や翌日も登る為にストレッチについて勉強してみましょう。

ストレッチとは簡単に言えば、緊張している筋繊維を弛緩させることを指します。

そもそも筋肉の収縮は、大脳皮質運動野からの指令や神経伝達物質のアセチルコリン、筋小胞体によるカルシウムイオンの排出など様々な働きによりアクチンフィラメントがミオシンフィラメントの上を滑走し起こります。
本来ならば上記の機構が上手く働き筋肉が収縮し私たちは身体を動かすことができます。
しかし、スポーツや日常生活動作(ADL)により筋肉を使い過ぎた時、筋小胞体に蓄積してあったカルシウムイオンが欠乏してしまったり、乳酸などの代謝産物が筋肉内に蓄積したり筋肉が酸欠状態になるなどして筋収縮が上手くできなくなります。
結果として、疲労が溜まりパフォーマンスが低下したり、怪我の元となります。
(筋収縮のメカニズムなどは詳しく掲載されている別サイトを参考にしてみてください。)


そこで登場するのがストレッチです。

ストレッチにより筋肉への血流を改善し、代謝産物を上手く散らしてあげることで疲労を回復させ怪我の予防などになります。

ポイントをまとめます。

怪我をしないためや筋肉の疲労を取るためにストレッチは大事。


では。

関連キーワード
  • クライミングによる肘の外側の痛みの話。
  • クライミングによる指の変形とその予防の話。
  • ストレッチの話。(理論編3)
  • 明日も登るためにストレッチの話。(理論編2)
  • 明日も登るためにストレッチの話。(理論編)
おすすめの記事
御嶽(デッドエンド)の話。
ボルダリング
前回御嶽に行ってから約2週間後、再び御嶽に行ってまいりました。 今回の目的はデッドエンド(1級)です。 これまた御嶽ではかなり有名な岩です。...
埼玉県寄居「かわせみ河原」
キャンプ・アウトドア
たまにキャンプするのが趣味のひとつです。 キャンプといっても、友と2人、小っちゃいバイクに安物のキャンプ用品を載せて、近場のキャンプ場で焚火...
小川山の話。
ボルダリング
ちょうど一年ほど前、初めて行った外岩が小川山のボルダーエリアでした。マットも無ければ、装備もよくわからず、チョークとシューズのみと本当に右も...
一眼レフカメラの話。
写真
昨年の夏頃、これと言ってカメラに興味がある訳でもないのですが、思い出を綺麗に残したい程度の気持ちで一眼レフカメラを購入しました。 価格や持ち...
ブラシの話。
ボルダリング
外岩ボルダーに行くようになって、どんどん必要性を感じ始めたのが長いブラシです。 登ってる最中も必要ですが、登り終わって帰る際にも磨いて帰るの...