ボルダリング

初めての外岩。

投稿日:2016年9月11日 更新日:

ボルダリングを始めて3年ほど経ちましたが、相変わらず弱小クライマーを続けています。
先日、ジムの方々に誘われて小川山へ初の外岩クライミングに行ってきました。

大自然に囲まれ、虫に囲まれ、楽しく気持ちの良い経験をさせていただきました。

結果から言うとエイハブ船長(1級)、コンケーブ(3級)惨敗でした。

 

外岩って難しいんですね。

 

一番困惑したのが

足が全くわからない。

「え?ここ踏めるの??」って感じで踏めてる感覚がつかめず腕に頼ってヨレる。緊張で滑り猫パン連発。

シューズはボロボロ、手は傷だらけで散々な結果でした。
結局、言われるがままに登った6級と名前も無いような4級を必死に完登しただけ。


自分の今後の課題として

  • 強傾斜ばかりじゃなく垂壁もやる。
  • 痛みを恐れずカチ課題もやる。
  • もっともっと足を意識する。

 

次はもっと楽しみたい。

また行きたい。

 

 

では。

-ボルダリング
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

img_3901-1.jpg

御嶽と塩原の話。

2月初めに再び御岳ボルダーへ。  今回の目的は”勅使河原美佳加の半生“(初段)です。   さっそくデッドエンドの岩へ向かいます。 日曜の朝という事もありたく …

img_3925.jpg

御岳(エゴイスト)の話。

御岳シーズンインの知らせを受け御岳へ。 お目当てはロッキーボルダーの“エゴイスト” です。 一年ほど前に初めて御岳へ行ってからなんとなくお触り。今年に入りロッキーボルダーへの道が解禁されてから本格的に …

img_3645.jpg

ブラシの話。

外岩ボルダーに行くようになって、どんどん必要性を感じ始めたのが長いブラシです。  登ってる最中も必要ですが、登り終わって帰る際にも磨いて帰るのがマナーです。 今までは手持ち用のブラシを枯れ枝 …

02C20EE9-D71A-4082-973A-686A82C72D69

クライミングによる肘の外側の痛みの話。

以前は肘の内側の痛みについて書かせていただきました。 今回は外側の話、つまり外側上顆炎です。 外側上顆炎は「テニス肘」とも呼ばれています。 症状として 肘の外側に圧痛、熱感。 掌を下(前腕回内位)にて …

img_2969.jpg

明日も登るためにストレッチの話。(理論編)

 私の唯一の趣味のボルダリングはホールドを握り続けるスポーツです。 指、手首を曲げる筋肉を過剰に使うためボルダリング後のストレッチは必須と言えます。 怪我の予防や翌日も登る為にストレッチにつ …