ネイチャーストーブでつまみを作る話。(その1)

前回、ユニフレームのネイチャーストーブについて書きました。

今回は実際に作ってみようと思います。

ビールに合うつまみ」ということで重点を置くのは、

・積載などの手軽さ

・調理の楽さ

・塩っぱさ

です。

そこで思い浮かんだのはポップコーンです。

食物繊維豊富で、カロリーも低め、ずっと摘んで入られて、ビールに合う。そして、なにより私の好物である。

完璧です。

用意する物

  • 乾燥コーン
  • 食用油

では作っていきましょう。

1 .ユニフレームのネイチャーストーブで火を起こします。

ティッシュ、小枝など燃えやすい物を順番に敷き着火。

火が安定するまで薪をくべます。

2.クッカーに乾燥コーン、油、塩を入れ混ぜる。

適量がわからないので今回はクッカー底に重ならない程度入れてみました。

3.クッカーが火柱に当たるか当たらないかの高さに保ち左右に振る。

この時火に近づけ過ぎると焦げてしまうので注意です。

4.ポップ音が聞こえ始めても落ち着いてゆっくりと円を描く様に大きく振る。

5 .どんどん膨らみます。

どんどん、どんどん膨らみます。

どんどん、どんどん、、、。

蓋が閉まらなくなるほど膨らみます。

6.音が3秒間隔になって来たら終了。

もったいないと思うかもしれないですが、これ以上炒めると焦げます。コーンが多少残るのは諦めましょう。

7.再度塩を振り味を調えて完成です。

今回分量をしくじって、蓋から溢れるハプニングがありましたが、成功とさせていただきます。

ガスストーブを使えば容易いですが、ネイチャーストーブを使うことにロマンがあります。

次回もお楽しみに。

では。

関連キーワード
  • ネイチャーストーブでつまみを作る話。(その1)
  • ネイチャーストーブでおつまみを作る話。(序章)
  • 初ナイフ!モーラ・ナイフCompanion Heavy Duty開封の儀
  • はじめてのロープワーク! ~ランタンポール自作のスゝメ①ロープ準備編~
  • 埼玉県寄居「かわせみ河原」
おすすめの記事
Twitterはじめました。
雑記
飲み屋での会話のノリでなんとなくはじめたこのブログ。 このたび、なんとなくTwitterをはじめることにしました! ヒマがあれば壁や岩に張り...
小川山の話。
ボルダリング
ちょうど一年ほど前、初めて行った外岩が小川山のボルダーエリアでした。マットも無ければ、装備もよくわからず、チョークとシューズのみと本当に右も...
埼玉県寄居「かわせみ河原」
キャンプ・アウトドア
たまにキャンプするのが趣味のひとつです。 キャンプといっても、友と2人、小っちゃいバイクに安物のキャンプ用品を載せて、近場のキャンプ場で焚火...
初めての外岩。
ボルダリング
ボルダリングを始めて3年ほど経ちましたが、相変わらず弱小クライマーを続けています。 先日、ジムの方々に誘われて小川山へ初の外岩クライミングに...