ボルダリング

御嶽(デッドエンド)の話。

投稿日:2016年11月23日 更新日:

前回御嶽に行ってから約2週間後、再び御嶽に行ってまいりました。 

今回の目的はデッドエンド(1級)です。

これまた御嶽ではかなり有名な岩です。

 

御嶽駅を降り、橋を渡って右に曲がり国道沿いを歩き、大きめのコインパーキングを目印にその中へ入って行きます。

 

有りました。


まだ早い時間だけど、日曜という事でかなり多くの人で賑わっています。

 

適当にアップを済ませ、いざ。

 

ムーブは人により様々あるらしいですが、左手アンダー、右手カチにてスタートしました。

初手の左手縦カチ、2手目右手カチ、3手目左手ポケット。

このポケットがなかなか取れず何度も落ちました。

 

そしてふと気付いたことが有りました。

“ひょっとして初手からポケットまで届くんじゃ?”

 

スタートにトゥーを掛け初手。そのまま左手をポケットに。

 

取れました

 

リーチはずるいと言われそうですが、取れたからには登ります。

 

上部は現場処理になりましたが、なんとか無事完登

今回も開始1時間ほどで目的を達成してしまい、燃え尽きました。

 

勅使河原美加の半生(初段)、デッドエンド直上左(初段)など触るも歯が立たず。

  とりあえずもっとカチ課題、垂壁トレーニングを続けてみよう。

 

 どうやら3大クラシック課題と言うのがあるらしく

  • 忍者返し(1級) 御嶽
  • デッドエンド(1級) 
  • 御嶽エイハブ船長(1級) 小川山

 

気が付けば残るは初めての外岩で挑んだエイハブ船長のみとなりました。

 

もっと登ります。

では。

-ボルダリング
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

img_3378-3.jpg

クライミングによる肘の痛みの話。

仕事柄、クライミングジムの方々から怪我についての様々な相談を受けます。その中でも一番多いのが内側上顆炎です。   内側上顆炎とは別名ゴルフ肘と呼ばれています。 症状としては手首を曲げる、他動 …

img_4078-1.jpg

ストレッチの話。(理論編3)

以前、筋収縮のメカニズムやストレッチの必要性などについて簡単に書きました。 (理論編1 ・  理論編2) 今回はストレッチの種類についてのお話です。    スト …

img_3901-1.jpg

御嶽と塩原の話。

2月初めに再び御岳ボルダーへ。  今回の目的は”勅使河原美佳加の半生“(初段)です。   さっそくデッドエンドの岩へ向かいます。 日曜の朝という事もありたく …

img_3645.jpg

ブラシの話。

外岩ボルダーに行くようになって、どんどん必要性を感じ始めたのが長いブラシです。  登ってる最中も必要ですが、登り終わって帰る際にも磨いて帰るのがマナーです。 今までは手持ち用のブラシを枯れ枝 …

02C20EE9-D71A-4082-973A-686A82C72D69

クライミングによる肘の外側の痛みの話。

以前は肘の内側の痛みについて書かせていただきました。 今回は外側の話、つまり外側上顆炎です。 外側上顆炎は「テニス肘」とも呼ばれています。 症状として 肘の外側に圧痛、熱感。 掌を下(前腕回内位)にて …