ボルダリング

御嶽(忍者返し)の話。

投稿日:2016年11月11日 更新日:

前回、小川山での初外岩ボルダーをやって早二か月。今回は御嶽へ行き、二回目となる外岩を登って来ました。

 

御嶽は都心部からのアクセスも良く、多くのボルダーの方に愛されているボルダリングスポットです。

 

御嶽には数多くの有名な岩が有りますが、私の今回の目的はご存知”忍者返し(1級)“です。


悔しい思いをした小川山での教訓を生かし、垂壁カチ課題を練習して挑みました。

 

結果から言うと無事完登
核心部のスローパー飛ばしからのカチは問題無かったですが、二便目でまさかのクラックまで行ってしまい恐怖のあまり足がガクブルで落ちてしまいました。

その後何度かトライし完登。

 

小川山に比べるとスタンスがかなり良くしっかり踏むことが出来ました。

 

1日かけてやるつもりだったのに午前中に目標達成してしまい完全に燃え尽きてしまいました。
その後、猫砂(1級)、エゴイスト(初段)挑むも惨敗
 今回の反省点

  • 課題一つに絞らない
  • 食料と水分をもっと持参する
  • 夜の事を考えて防寒対策をする
  • 今までの様に垂壁、カチ課題やる

次はもっと登ります。


では。

-ボルダリング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

img_3378-3.jpg

クライミングによる肘の痛みの話。

仕事柄、クライミングジムの方々から怪我についての様々な相談を受けます。その中でも一番多いのが内側上顆炎です。   内側上顆炎とは別名ゴルフ肘と呼ばれています。 症状としては手首を曲げる、他動 …

2280f717-6c6e-4498-bfc5-4c8df7c7ca6f-1.jpg

小川山の話。

ちょうど一年ほど前、初めて行った外岩が小川山のボルダーエリアでした。マットも無ければ、装備もよくわからず、チョークとシューズのみと本当に右も左もわからず挑みました。 スタンスも見つけられず外岩の足の難 …

img_3503-1.jpg

クライミングによる手首の痛みの話。

TFCC損傷は内側上顆炎に次いで相談が多かった怪我です。  そもそもTFCCとは、三角線維軟骨複合体のことを指し、手関節の尺側(小指側)にある軟骨(三角線維軟骨)や靭帯(尺側側副靭帯、掌・背 …

img_4078-1.jpg

ストレッチの話。(理論編3)

以前、筋収縮のメカニズムやストレッチの必要性などについて簡単に書きました。 (理論編1 ・  理論編2) 今回はストレッチの種類についてのお話です。    スト …

img_2969.jpg

明日も登るためにストレッチの話。(理論編)

 私の唯一の趣味のボルダリングはホールドを握り続けるスポーツです。 指、手首を曲げる筋肉を過剰に使うためボルダリング後のストレッチは必須と言えます。 怪我の予防や翌日も登る為にストレッチにつ …