小川山の話。

ちょうど一年ほど前、初めて行った外岩が小川山のボルダーエリアでした。マットも無ければ、装備もよくわからず、チョークとシューズのみと本当に右も左もわからず挑みました。

スタンスも見つけられず外岩の足の難しさと、ガバと呼ばれてるものが全てカチじゃないかと痛感し、持てない、立てない、登れない。

コンケーブエイハブ船長に挑むも成果は散々なものでした。

 

"次にここに来る時は少しでも登れる様になりたい。ちゃんとクライミングを楽しめる様になりたい。"

 

 そう決意し、ジムでのトレーニングや御岳での外岩経験値を上げてきました。

 

そして9月下旬。

戻ってまいりました小川山

 

まずはビクターの岩へ向かい、アップがてら"コンケーブ"とは反対側の課題をお触り。

必死の思いで5級完登。

"サブウェイ"は歯が立たず。

普段やらないトラバースに新鮮さと楽しさを感じました。

 

さて、この日のお目当"コンケーブ"へ移動。
一年間の成長を知る瞬間です。否が応でも緊張が高まってまいりました。

恐る恐るスタートポジションに付き、初手カチへ。

 

"あれ?めちゃめちゃ持てる。"

 

1便目でまさかのリップへ。

 

さて、マントルを返して終了。

 って何もない。有るのはスベッスベの岩肌。

 

"何もない!!"の悲鳴とともに落下。

 

超怖かったです。

 

 

気を取り直して2便目。

 リップまでは同じ。

マントルを返して終了です。

左足でしっかり掻きこみ、足を信じて乗り込みます。

するとどうでしょう。落ち着いて手首を返し、乗り込むことができました。

 

無事完登です。

1年越しの宿題回収です。

僅かにでも成長している喜びを感じました。

 

"三日月ハング"、"ビクター"をお触りも手応えなく終了です。

 

日が傾き始めた頃くじら岩へ移動。

小川山はナイト禁止なので数回トライにて終了です。

 

次に小川山に来るときには“エイハブ船長”を落として三大クラシック課題を終了させたいです。

 

今後の課題として

  • 長もの課題をやる
  • スタンスにしっかり乗り込む
  • オープンハンド強化
  • 緩傾斜頑張る
  • 目標は高く

 

 一年ぶりの小川山は前より持てて、踏める様になっていて、少し成長を実感出来て嬉しかったです。
やっぱり外岩は楽しいです。

では。

関連キーワード
ボルダリングの関連記事
  • クライミングによる肘の外側の痛みの話。
  • クライミングによる指の変形とその予防の話。
  • 御岳(エゴイスト)の話。
  • 小さいクライミングシューズを大きくする話。
  • 小川山の話。
  • ストレッチの話。(理論編3)
おすすめの記事
柔整師という仕事の話。
雑記
柔道整復師の仕事を始めて数年。まだまだ未熟な私です。 学生時代、資格取得後を含めいくつかの接骨院、整骨院、整形外科で働いてまいりました。 資...
着地時の足首の怪我の話。
ボルダリング
外岩で起こる怪我の多くは"足関節の内反捻挫"です。 外岩でのボルダリングは、マットが引き詰められたジムとは違い、いくつかのクラッシュパッドが...
御嶽と塩原の話。
ボルダリング
2月初めに再び御岳ボルダーへ。 今回の目的は"勅使河原美佳加の半生"(初段)です。 さっそくデッドエンドの岩へ向かいます。 日曜の朝という...