ボルダリング

小川山の話。

投稿日:2017年10月16日 更新日:

ちょうど一年ほど前、初めて行った外岩が小川山のボルダーエリアでした。マットも無ければ、装備もよくわからず、チョークとシューズのみと本当に右も左もわからず挑みました。

スタンスも見つけられず外岩の足の難しさと、ガバと呼ばれてるものが全てカチじゃないかと痛感し、持てない、立てない、登れない。

コンケーブエイハブ船長に挑むも成果は散々なものでした。

 

“次にここに来る時は少しでも登れる様になりたい。ちゃんとクライミングを楽しめる様になりたい。”

 

 そう決意し、ジムでのトレーニングや御岳での外岩経験値を上げてきました。

 

そして9月下旬。

戻ってまいりました小川山

 

まずはビクターの岩へ向かい、アップがてら”コンケーブ”とは反対側の課題をお触り。

必死の思いで5級完登。

“サブウェイ”は歯が立たず。

普段やらないトラバースに新鮮さと楽しさを感じました。

 

さて、この日のお目当”コンケーブ“へ移動。
一年間の成長を知る瞬間です。否が応でも緊張が高まってまいりました。

恐る恐るスタートポジションに付き、初手カチへ。

 

“あれ?めちゃめちゃ持てる。”

 

1便目でまさかのリップへ。

 

さて、マントルを返して終了。

 って何もない。有るのはスベッスベの岩肌。

 

何もない!!“の悲鳴とともに落下。

 

超怖かったです。

 

 

気を取り直して2便目。

 リップまでは同じ。

マントルを返して終了です。

左足でしっかり掻きこみ、足を信じて乗り込みます。

するとどうでしょう。落ち着いて手首を返し、乗り込むことができました。

 

無事完登です。

1年越しの宿題回収です。

僅かにでも成長している喜びを感じました。

 

三日月ハング“、”ビクター“をお触りも手応えなく終了です。

 

日が傾き始めた頃くじら岩へ移動。

小川山はナイト禁止なので数回トライにて終了です。

 

次に小川山に来るときには“エイハブ船長”を落として三大クラシック課題を終了させたいです。

 

今後の課題として

  • 長もの課題をやる
  • スタンスにしっかり乗り込む
  • オープンハンド強化
  • 緩傾斜頑張る
  • 目標は高く

 

 一年ぶりの小川山は前より持てて、踏める様になっていて、少し成長を実感出来て嬉しかったです。
やっぱり外岩は楽しいです。

では。

-ボルダリング
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

img_3503-1.jpg

クライミングによる手首の痛みの話。

TFCC損傷は内側上顆炎に次いで相談が多かった怪我です。  そもそもTFCCとは、三角線維軟骨複合体のことを指し、手関節の尺側(小指側)にある軟骨(三角線維軟骨)や靭帯(尺側側副靭帯、掌・背 …

02C20EE9-D71A-4082-973A-686A82C72D69

クライミングによる肘の外側の痛みの話。

以前は肘の内側の痛みについて書かせていただきました。 今回は外側の話、つまり外側上顆炎です。 外側上顆炎は「テニス肘」とも呼ばれています。 症状として 肘の外側に圧痛、熱感。 掌を下(前腕回内位)にて …

img_3341.jpg

クライミングシューズを洗う。

ボルダリングと言えば東京オリンピックの種目となり、近年ますます注目されている競技ですね。 ボルダリングに必要な物はクライミングシューズ、チョーク、ブラシ、メンタルくらいなもので、己の肉体と技術のみで登 …

img_3380-1.jpg

クラッシュパッドの話。

外岩ボルダーを経験してさっそく自分のクラッシュパッドが欲しくなりmauntain daxの”グレイロダブル2“を購入しました。    選んだ理由は、クッショ …

img_3378-3.jpg

クライミングによる肘の痛みの話。

仕事柄、クライミングジムの方々から怪我についての様々な相談を受けます。その中でも一番多いのが内側上顆炎です。   内側上顆炎とは別名ゴルフ肘と呼ばれています。 症状としては手首を曲げる、他動 …