ボルダリング

塩原ボルダーの話。

投稿日:2017年1月26日 更新日:

12月初旬、ジムの方に誘われ初の塩原ボルダーへ。 強風と寒さが厳しいと教えてもらっていたので防寒対策を入念にいざ。

 

車を降り、河原を目指し国道沿いを歩きます。

 

塩原ボルダーエリアは御嶽などと違い、岩場がギュッと詰まってる感じでした。

 

まずはアップがてらに丁度良いよと言われ”後悔(3級)”を。

アップなんてもんではなく、本気トライでなんとか完登。
皆さんとの実力の差を見せつけられました。

続いて、なんとなく”fly high(1級)”をお触りも全く歯が立たず敗退。

いよいよ、お目当の”(初段) “へ。

左右ガバカチにてシットスタート。

左初手でスローパーをとり、スタートに手に足ヒールを掛けて右二手目カチを取りに行きました。
取れません。
何トライするも取れません。

さっそく諦め上部のバラシに。

 

詳しいムーブはYouTubeなどで確認して下さい。

 

下部で小一時間かけて、心折れた私にとって上部はとても楽しかったです。

 

初の塩原ボルダーは僕にとってかなり手厳しいお相手でしたが、今度こそリベンジしたいとモチベーションを上げることが出来ました。

 

今回の教訓 

  • モチベーション保つため、粘って無理なら他を触ってみる。
  • 怪我をしない。
  • 温かいコーヒー持って行く。

 

 

この時期の外岩は動いてないととっても寒いです。

身体が冷えると怪我をしやすくなります。

しっかりアップ、防寒対策をしましょう。

 

 

 

では。

-ボルダリング
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

img_3380-1.jpg

クラッシュパッドの話。

外岩ボルダーを経験してさっそく自分のクラッシュパッドが欲しくなりmauntain daxの”グレイロダブル2“を購入しました。    選んだ理由は、クッショ …

img_4054.jpg

着地時の足首の怪我の話。

外岩で起こる怪我の多くは”足関節の内反捻挫“です。 外岩でのボルダリングは、マットが引き詰められたジムとは違い、いくつかのクラッシュパッドが並べられた所に着地します。 また下地 …

img_3341.jpg

クライミングシューズを洗う。

ボルダリングと言えば東京オリンピックの種目となり、近年ますます注目されている競技ですね。 ボルダリングに必要な物はクライミングシューズ、チョーク、ブラシ、メンタルくらいなもので、己の肉体と技術のみで登 …

img_3645.jpg

ブラシの話。

外岩ボルダーに行くようになって、どんどん必要性を感じ始めたのが長いブラシです。  登ってる最中も必要ですが、登り終わって帰る際にも磨いて帰るのがマナーです。 今までは手持ち用のブラシを枯れ枝 …

img_3515-1.jpg

御嶽(忍者返し)の話。

前回、小川山での初外岩ボルダーをやって早二か月。今回は御嶽へ行き、二回目となる外岩を登って来ました。   御嶽は都心部からのアクセスも良く、多くのボルダーの方に愛されているボルダリングスポッ …