ストレッチ ボルダリング

明日も登るためにストレッチの話。(理論編2)

投稿日:2016年8月23日 更新日:

 前回、筋収縮についてとストレッチの役割について書かせてもらいました。(明日も登るためにストレッチの話。理論編1)

今回は筋肉を伸ばす方法についてです。

この事を理解していればある程度セルフストレッチができるはずです。

身体の動きはざっくり分けて以下のものがあります。

  • 屈曲-伸展 ex)肘を曲げる・伸ばす
  • 内転-外転 ex)足を閉じる・広げる
  • 側方回旋-内旋-外旋 ex)顔を左右に向ける・内股姿勢・がり股姿勢
  • 回内-回外 ex)掌を下に向ける・上に向ける

これらを複合的に組み合わせ我々の身体は自在に動くことができます。

当然、肘を曲げる筋肉、伸ばす筋肉など身体を動かす為に様々な筋肉が存在しています。

では、を曲げる(物を握る)動作をたくさんして疲労しました。ストレッチをして筋の疲労を取ってください。あなたならどうします?

答えは簡単です。指を伸ばせばいいんです。

筋肉は使用してる時に収縮して、拮抗筋(この場合指を伸ばす筋肉)が働いてる時は弛緩します。

つまり、行っている動作とは逆の動作を行えばストレッチになります。

ただし、ストレッチは他動的に行うのが原則です。

右手を伸ばしたければ、空いている左手で右手を把持し、指が開く方へ動かします。

実際やってみましょう。

握り続けたその拳を。
開かせてあげる。

簡単でしょ?

ポイントをまとめます。

  • ストレッチしたい筋肉がどのように身体を動かすか考える
  • それとは逆の方向へ他動的に動かす。

ストレッチの原理はいたってシンプルです。

筋肉の作用を知っていれば誰にでも出来るようになります。

では。

-ストレッチ, ボルダリング
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

img_2969.jpg

明日も登るためにストレッチの話。(理論編)

 私の唯一の趣味のボルダリングはホールドを握り続けるスポーツです。 指、手首を曲げる筋肉を過剰に使うためボルダリング後のストレッチは必須と言えます。 怪我の予防や翌日も登る為にストレッチにつ …

img_3376-4.jpg

初外岩での持ち物。

必要なもの クライミングシューズ チョーク ブラシ クラッシュパッド(ボルダリングマット) 防寒着、ヘッドライトなど 上記のアイテムがあればとりあえず外岩ボルダリングは出来ます。 ただし、クラッシュパ …

img_4054.jpg

着地時の足首の怪我の話。

外岩で起こる怪我の多くは”足関節の内反捻挫“です。  外岩でのボルダリングは、マットが引き詰められたジムとは違い、いくつかのクラッシュパッドが並べられた所に着地します …

img_4560.jpg

クライミングによる指の変形とその予防の話。

クライミングをしていて一度は悩まされるのが指の障害です。 指先に自身の体重のほとんどを預けるため当然といえば当然ですね。 指皮の痛みはもちろん、腱の痛みや、靭帯の痛みなど原因は様々です。 長年クライミ …

img_3645.jpg

ブラシの話。

外岩ボルダーに行くようになって、どんどん必要性を感じ始めたのが長いブラシです。  登ってる最中も必要ですが、登り終わって帰る際にも磨いて帰るのがマナーです。 今までは手持ち用のブラシを枯れ枝 …