明日も登るためにストレッチの話。(理論編)

 私の唯一の趣味のボルダリングはホールドを握り続けるスポーツです。

指、手首を曲げる筋肉を過剰に使うためボルダリング後のストレッチは必須と言えます。

怪我の予防や翌日も登る為にストレッチについて勉強してみましょう。

ストレッチとは簡単に言えば、緊張している筋繊維を弛緩させることを指します。

そもそも筋肉の収縮は、大脳皮質運動野からの指令や神経伝達物質のアセチルコリン、筋小胞体によるカルシウムイオンの排出など様々な働きによりアクチンフィラメントがミオシンフィラメントの上を滑走し起こります。
本来ならば上記の機構が上手く働き筋肉が収縮し私たちは身体を動かすことができます。
しかし、スポーツや日常生活動作(ADL)により筋肉を使い過ぎた時、筋小胞体に蓄積してあったカルシウムイオンが欠乏してしまったり、乳酸などの代謝産物が筋肉内に蓄積したり筋肉が酸欠状態になるなどして筋収縮が上手くできなくなります。
結果として、疲労が溜まりパフォーマンスが低下したり、怪我の元となります。
(筋収縮のメカニズムなどは詳しく掲載されている別サイトを参考にしてみてください。)


そこで登場するのがストレッチです。

ストレッチにより筋肉への血流を改善し、代謝産物を上手く散らしてあげることで疲労を回復させ怪我の予防などになります。

ポイントをまとめます。

怪我をしないためや筋肉の疲労を取るためにストレッチは大事。


では。

関連キーワード
  • クライミングによる肘の外側の痛みの話。
  • クライミングによる指の変形とその予防の話。
  • ストレッチの話。(理論編3)
  • 明日も登るためにストレッチの話。(理論編2)
  • 明日も登るためにストレッチの話。(理論編)
おすすめの記事
ストレッチの話。(理論編3)
ストレッチ
以前、筋収縮のメカニズムやストレッチの必要性などについて簡単に書きました。 (理論編1・ 理論編2) 今回はストレッチの種類についてのお話で...
初めての外岩。
ボルダリング
ボルダリングを始めて3年ほど経ちましたが、相変わらず弱小クライマーを続けています。 先日、ジムの方々に誘われて小川山へ初の外岩クライミングに...
クライミングシューズを洗う。
ボルダリング
ボルダリングと言えば東京オリンピックの種目となり、近年ますます注目されている競技ですね。 ボルダリングに必要な物はクライミングシューズ、チョ...
クライミングによる肘の痛みの話。
ボルダリング
仕事柄、クライミングジムの方々から怪我についての様々な相談を受けます。その中でも一番多いのが内側上顆炎です。 内側上顆炎とは別名ゴルフ肘と...